ニューヨーク コーヒー ロミロミ

ヤングリヴィング

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
下校時間 in Manhattan 11:44
青空
マンハッタンの(日本で言うところの)小学生や中学生の下校時刻、学生諸君に出くわしましたです。
下校時間下校時間2
どうってことのない普通の風景なのですが、自由な校風と下校時のリラックスした雰囲気がおわかりになりますでしょうか。

バス
彼らの中にはバスで帰宅する人もいるのですが、このバスもなんかローカルな匂いがして、いい感じ。

学校からの帰宅
この子は小学校と幼稚園が同じ敷地内にあるという学校の敷地内から一人で…てなはずもなく、少し前を行く大人がお母様のようで、一生懸命ついて行っておりますです。日本ならこんな下校はないですよね?

学校の空
学校の壁という壁にはスプレーの落書き?いえいえ立派なアートですが一面にかかれております。これも先生のほうはある程度お許しですね。

居眠りおじさんバースデー風船
さてさて、この3時過ぎという気持ちの良い時間…。道端で居眠りをするおじ様に遭遇!でも、気持ちはよぉくわかります。ここ数日寒かったのですが、今日は快晴の上あったかいときておりますので…。
そして、お隣は子供のバースデーに!といそいそとお帰りになるお母様なのであります。こちらのバースデーってお友達を呼んで賑やかに遊ぶんです

可愛いG-ンズ
さぁ、最後は私がすごぉく気に入ってしまったG-ンズ。学生とはいえこちらの子供たちはスクスク成長し、いつにか大人をいとも簡単に…。
アメリカの楽しさの裏側にはこういった日常も起きるのですよ。
なんかのぉんびりしていていいなぁ〜と見つめてしまいました(^^;)。

| 2005日記 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by
日曜日だと言うのに…9.11 20:14
タイムズ・スクエア
日曜日だと言うのにこんなに早くに目が覚めてしまい、ネットで日本のTVを見る事に…。選挙速報をやっているかと思ったのですが、どうやらまだのようで…。少し待ちながらせっかくPC開いたのでカキコしておりますです。
日本はいよいよ国民の考えた結果の結論が出ますね。待ち遠しいなと思いながら、ニューヨークはあの衝撃的な映像を見てしまった9.11。。。
今午前7時前、街のあちらこちらでテロ後を考えるイベントが行われるようです。ある宗教関係者は灯籠流しをするところもあったり、グランド・ゼロ裏手のトリニティー教会では追悼の巨大彫刻が展示されたりとさまざまなイベントが…。
かと思えば、ファッションウィークの会場のブライアント・パークでは8日からトップ・デザイナー70人による2006年春夏コレクションが発表されていたりと、街中はさまざまな顔を見せています。

アメリカではブッシュさんがハリケーンの被災者には長期支援公約をし、一世帯あたり避難民を対象に2000ドル相当のお買い物ができるカードを支給すると発表されているのですが、その大量避難民の中にはおよそ800人の子供たちが親や保護者と離れてしまい(ニューオリンズ)、親や保護者の所在を確認出来ずにいるというのです。また、そんな陰に募金サイトが急増しているのですが、これを利用して騙し取るなどのサギも増えているとAP通信がFBIの話として伝えているとの事。銃の問題、そして今回は貧しい地域と言われているルイジアナ州も大きな被害に遭い、水や食料もない極貧状態に陥ってしまった人々が競技場のスーパードームであるれて居るそうで…。ニューヨークにいるとテレビの画面に映し出される映像のみなので日本と情報量は変わらないと思いますが、こういうときに何が出来るのか…何も出来ずに居る自分が悲しいですね。
ニューヨークではNYPDが頑張っていつも守ってくださっております。
こんなにNYPD
あっ毎日こんなに集まっているわけではありませんが…。

日本の選挙、先ほど始まりました(カキコしているうちに始まりました)日本のテレビではやはり自民党が優勢のようですが、最後までわかりません…ね。フジテレビでホリエモンさんがテレビでコメントしていますが、どうなるのでしょう?

アメリカも日本も災害があっても人はそれぞれに一生懸命生きるしかなく、何が自分に出来るのかを考え、小さな一歩でも踏み出すことが大切なのでしょうね。
| 2005日記 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by
9.11…改めて考えると 23:58
明日は9.11.2005…。
ニューヨークにいるとこの9.11を重たく感じます。
先日会社にいらしたお客様で、世界貿易センターの設計、建設に携わったかたがいらっしゃいました。9.11が「近づくたびに気持ちが重くなる」と…しかもその方は翌日がバースデーというなんとも因縁を感じる方なのです。
皆様もご存知の通り、WTCは日本人が設計しました。
Mr. Minori Yamanzaki(Yamasakiと読まれるかもしれません)
あの世界を震撼させたアタックが日本人の設計かと話題になりましたが、作られた当時はものすごい技術と言われ、アタックが起きればあの構造上に問題があったなどと言われ本当に事件事故が起きるといろいろな見方をされます。話はそれましたが、そのお客様に「今回のWTCの建築にはたずさわっってらっしゃるのでしょうか」とお尋ねしたところ「今回はかかわってません…」とのことで(この言葉だけだと随分唐突な質問を…しかも配慮がないと思われるかもしれませんが、話の流れの中の質問ですのでお許し下さいませ)そのお話のされ方にまだまだ心を痛めてらっしゃると痛感いたしました。アメリカはまだまだ戦っています。終わりは来ないかもしれない長い長い戦いです。その陰にどれだけの犠牲者が生まれどれだけの心を痛め、悲しみや怒りが街のあちらこちらでまだ蠢いているのは否めません。
が、立ち止まっているわけにも行かずに特にブロードウェーは翌々日から公演を再開し、ニューヨークも屈せずゆるがない強い気持ちを前面に日々歩いてきた結果がアメリカの好景気や観光客の増加、そして上を向いて歩いていこうという人々の気持ち。
そんな今、先日も台風「カトリーナ」や「14号」がアメリカと日本を直撃した被害状況がニュースで流れるのを見ていると、いざ災難にあった時に自分に何ができるかを日頃から考えることの重要性。その考えが必要にならないのが1番ですが、やはりいつどんな場所で災難に遭うか誰しも予想がつきません。そんな中面白いサイトを見つけました。

『サバイバーズ・プロジェクト 生存者への道』

『災時帰宅支援マップ 首都圏版を検証する』とう内容です。
私も以前、渋谷から練馬区まで歩いたことがあるのですが、災害に遭った時に自分の家に帰ることができるか、家族との待ち合わせの場所はあるかと考えたり話したりすることは大切なような気がします。
この方は実際に歩かれたようですが、せめて目印になるものを、方向がどちらかわかるかなどの確認をすることが必要なのかもしれません。
ニューヨークは地震は殆どなく、大きな台風もここ何年も来てない様な気がします。その分テロとの戦いは続いておりますが…。
どんな場所にいても何かしらの災難はおきる可能性があるということなので、改めて災難、災害に遭遇した時にどうすべきか!を考えたほうがよさそうですね。

私も日本にいる家族が何かの被害に遭った時に自分には何が出来るのかと実はよく考えているのですが、なかなかどうしてよいものかと考えあぐねてしまいます。愛情だけは心の中にあるんですけれど…。

9・11を前に改めていろいろ考えたKIYOねえでありました。
| 2005日記 | comments(4) | trackbacks(1) | posted by
生活用品の買出し「ライト・エイド」 20:56
sky
買出しに行く時に考えるのは日本にいてもニューヨークにいても同じ。
高級感のある素材を楽しみながら、金額をあまり考えすぎずに買うお買い物の場合と、少しでも安いお店を見つけてそんなこんなを楽しみながら買うお買い物の場合があり、ニューヨークに来てからというものはより生活には工夫をするようになり、お金の無駄遣いがかなり減りました。
今日は本当は厳選して品質のよいものを買いたい!というお買い物ではなく、安くてそれなりのものを…ご案内しまぁす!
まぁ…例えば洗濯洗剤なんかは成分考えると決して良くはありませんが、コインランドリー生活の場合は自分でいくら気をつけても既に他の方々が合成界面活性剤の嵐のような洗濯洗剤を使用しているのでこちらが気をつけてもあまり意味がないかも?と思い…。特にアトピー等のアレルギーのある方には辛い街かなぁ?せめて柔軟材はやめておくとかいうことぐらいしか出来ないのですが…。
“経費毒”という本が日本では7月に帰国した際に友人との間で話題になり、購入して買って読みましたが驚く現実…。(今日は本の話ではないのでもしご興味のある方は本屋さんでご覧になってくださいねぇ〜この本かなり興味があるので近いうちにまたご紹介させて頂きます)
でも、コインランドリーでない生活にならない限り、この厳しい現実には白旗?なのでしょう…。

フード・エンポリウム前店前
少し高めのフード・エンポリウムが49丁目の8番街沿いにありますがその近く斜め向かい側になります。50丁目の東北側のコーナーにある
「ライト・エイド」
ここはなんでも安いんですよ…。ニュージャージーやクイーンズまで渡ればもっと安いお店は沢山あるのですが、そうしょっちゅうお買い物の為に川を渡れませんので、こういった安いショップでお買い物になるわけです。しかも、お買い物の商品によってお店を変えるようにしております。
というわけで今日のお買い物の内容は…。
洗濯洗剤がなくなりお洗濯のピンチだったのと朝食用のコーンフレークにおやつ…でまずはこちらを
Xtracorn99cent

洗濯洗剤は2.99ドル、お砂糖なしのコーンフレークは1.79ドル。
ケチャップにとプリングルス…。こちらの二つは99セント!プリングルスも以前読んだ勝手はいけない商品に上げられていましたが、食べ続けると…という話なので1年に1度程度は問題ないでしょう…^^なんて言い訳?
どれも他と比べると安いのです(マンハッタン内のしかもミッドタウンでね)。以前はオッド・ジョブというやすぅいお店があってかなぁり重宝していたのですが、どうも次々とクローズになり、家賃の高いこのあたりではなかなか成立できなかったのでしょう…と思っております。
というわけで洗剤、コーンフレーク(種類によります)、調味料系などはこちらで購入すると安いですよん。(ミッドタウンでは)

shopping bagvoice
ニューヨークに来て思ったのがこのショッピングのかごについて…。
日本の調子でかごのままキャッシャーの台の上にどかんと置くと???の顔をされ、なんで?って思っていると、あっちにおいて!と下手すると顔で方向を指されてしまうお店も…。今ではそれが当たり前になりましたが…。
かごから商品を出してキャッシャーへ…。そしてかごはおちかくのかごがつんであるところかキャッシャー台の手前あたりにおくようです。(お店によって置く場所がことなりますが…)中にはOKなところもあるのですけれど…。そんな些細なことですが日本から来た時は面食らったものです。。
右はフリー誌「Voice」。日本も最近フリー誌の数が凄いとの事。地元の調査でかかれたものだからかなり参考になりますよね。日系のスーパーやレストランに行けば日系のフリー誌ゲットできます。各会社によって情報の内容の種類が異なりますので、欲しい情報を探してくださいねぇ。
| 2005日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
NYへたどり着いた藤原竜也さん…のチラシ。 03:13
数日前、日本から届いた怪しいA4サイズの封筒。。。
どうもお仕事の資料系でもなく、個人名で送られてきている…。
と、おそるおそる開けてみると…なんと!

藤原竜也さんの天保のチラシではありませんかぁびっくり

天保パンフ
義太夫さんのサイトの掲示板に登場している方々の顔とお名前が一致!うれしゅうございますぅ。しかも、天保は母や姪がその時期にニューヨークに来るのでお仕事の関係もあり、帰国できないことが判明。というわけでありがたぁい郵便でございました。M様ありがとう(?_?)。おっとお礼のMailを出さずにおりました。後ほどMailさせて頂きますね。。。感謝感謝。

パンフ1ファンクラブ会報DVDパンフ
送られてきた中身を拝見していたら、DVDなんぞのチラシもあったりして、今回の『近代能楽集』まで藤原さんの凄さを知らなかった私がこぉんなに日本の舞台も見ごたえのあるものがあること、凄い役者さんがおられることも再認識させて頂き嬉しい限り。帰国の楽しみが出来ました。
天保はDVDでないのかなぁ?
藤原さんのタイムズ・スクエアでの写真を拝見して、タイムズ・スクエア大好きな私としてはちょいと嬉しいのであります。
| 2005日記 | comments(4) | trackbacks(1) | posted by
ニューヨークで民舞(^^ゞ 12:36
ニューヨーク マンハッタン 3/15(火)午後11時近く
気温は4℃ 今日は良く晴れたから暖かかったけど夜は冷えてます。

今日は6週間ぶりの民舞のお稽古(日本に帰国や徹夜での仕事でバテテ行かれなかった為)。と思いきやスタジオに入るといつもと雰囲気が違うのです。今日は3/19のイベントの為のリハーサルで衣装の早替えの練習含めて通しでのお稽古。つまり私は見学になったわけです。でも、こんなときでもないと先輩方の出し物をマジマジと見る機会がなく楽しい2時間半でした。
ところで、民舞ってなんぞや?とお思いの方もおられると思います。民舞は日舞とは違い"Japanese Fork Dance”簡単に言うと民謡に合わせた各地に伝わる踊り。
綾子舞八木節
上記左が「綾子舞」新潟県に500年ほど伝わる踊り。10代の若い子が踊る踊りのようだが、歌舞伎のもとになった踊りといわれています。歌舞伎が1600年頃からなのでやはり500年。上記右がご存知「八木節」に合わせ日本傘で踊ります。
麦屋節花笠上記左は「麦屋節」男踊りで、源平合戦の際に負けた平家の悲しみを表現した踊り。上記右は山形の有名な「花笠」何年か前のメイシーズのパレードの時に山形の方々がお越しになり共演をし、その際に衣装や日本手ぬぐいを寄付してくださったそうな。(この写真は違う衣装です)

鈴木もも先生(たぶん赤いちゃんちゃんこを着るお年頃かな?)は、(私が言うのもおこがましいのですが)八千草薫さんのような無邪気な愛らしさのある素敵な先生です。もも先生のお人柄にこのプロダクションに人が集まるんだと思います。以前書いたハウスパーティーはもも先生宅だったのですよん。
洋舞オンリーの私が、日本の文化に目覚めたのはニューヨークに来てから。日本にいた頃はお茶や日舞などの習い事には全く興味がありませんでした。きっかけは昨年弊社でプロデュースした殺陣とお芝居と踊りのステージ。日本文化を改めて拝見する次第となった訳です。たぶんニューヨークに来なかったら今も洋舞のみだったと思いますね。離れてみて親のありがたさ(すみませんホームシック)や日本の文化も恋しくなったということなのでしょう。人生経験以上の勉強はないと信じている私はまたひとつ良い経験をしているわけです。

やっとお仕事も一段落。あとは明日にして帰ります。もうすぐ11時だぁ〜。
おやすみなせいませぇ。ではではまた明日。
| 2005日記 | comments(4) | trackbacks(1) | posted by
| 1/1 |
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島