ニューヨーク コーヒー ロミロミ

股関節痛 フラダンス

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
プレスリー♪『オール・シュック・アップ』NYブロードウエイのお薦めミュージカル 13:19
ニューヨーク マンハッタン 3/30(水)ジョギング
夜になって少し冷えましたが、それでもシャツに皮ジャンでOK
タイムズスクエア

久しぶりに英語に自信がなくても楽しめる新作ミュージカルが登場!
『オール・シュック・アップ』ハート
全曲プレスリーの曲で綴られる、曲先行型ミュージカル。
タイムズスクエア目の前の以前は『アイーダ』の公演をしていたパレス劇場。
oru『オール・シュック・アップ』劇場前2

『オール・シュック・アップ』劇場前混雑あなたもプレスリーに!サングラス

1955年頃の話、チャドという青年がプレスリーの若かりし頃の雰囲気で登場するのですが、似すぎずにフリンジなどをつけて派手派手で登場しないところもなんとなく馴染める要素かな?
“Love Me Tender”“Hewrtbreak Hotel”“Roustabout”“One Night With You”に始まり「監獄ロック」だとか40、50、60代には懐かしい曲のオンパレード。〆は“Burning Love”。もちろん“All Shook Up”もAct2の最初に…。アレンジ等も今聞いてもすんなり入ってくるように出来上がってます。
内容は、テキサスの田舎町のガソリンスタンドと隣の靴屋、近所の酒場、農道。。。などを舞台に進行する。街の風紀を厳しくしつけてる女官がいるこの街にチャドという、踊り、歌のお得意な青年がバイクに乗ってやってきたのある。ギターを抱えて歌うわ踊るわ街の若者達はすっかりノリノリの大騒ぎ。こんなに風紀が乱れてしまったのはあいつのせいだと言う女官。自分の息子はそのノリノリになった街娘の一人と恋に落ちるんだけど、母親に引き裂かれ街から出されそうになり、トランク1つで逃げ出し、
街娘とときめきラブ
チャドはガソリンスタンドの女の子に恋をするのだが、実は途中で男性に変装するもんだからチャドは男に恋したのかとガッカリ…それも最後には女の子とわかりラブラブになる。
しまいにはその女官にずっと仕えていた男が、うるさい女官を黙らせ、おまけに愛の告白をしてしまう。あちこちで恋告がされ街は大盛り上がり。
そんなのありえな〜い!と突っ込みを入れたくなるほど最後はハチャメチャ!会場は大受けでありました。『ママ・ミア!』はブリティッシュが作った作品なのでどこか寂しさや悲しさが漂うけれど、こちらはこれぞアメリカンミュージカル!ハッピーハッピーなのですぅ。少し簡単にかいつまみすぎているのでわかりずらいかもしれませんが、久々に心が明るくなるミュージカル登場!といったところかな?
チャドを演ずるCheyenne Jacksonは『アイーダ』のラダメスのスタンバイだったので、今回は大きく前面に出ることになったのでありました。

中には$15で貴方もプレスリーになれるサングラスやTシャツ、プレスリーのCDなどが売られ、こちらも楽しみですよん。
最後にブロードウエイ・ケアズの話がされ出口の手前に出演者が直接Boxを持ち募金をしてくれた人には赤いリボンのプレゼント!ブロードウエイ関係者には(俳優含むスタッフの方々)エイズで亡くなる人も少なくない。だからこそ関心が高いのです。舞台の最後にそんなご挨拶も役者さんのほうから話がある場合がありますです。ニューヨークは芸術に対する窓口も広く、大変協力的。四季と心意気があるから文化は発展するのです。とKIYOねえは思うのでありました。

追伸 チャドの相手役のJenn Ganbatese 彼女のはぎれの良い演技にも魅了されました。実はモダンミリーでトニー賞の主演女優賞のサットンフォスターが現在若手No1でこの後を追う女優さんはいないと私の個人的趣味ではそう思っておりましたが(現在は『リトル・ウーマン』若草物語で主演)、ちと気になる存在になってしまいました。素晴らしいですよ。チケットも他の人気作品よりは手に入れやすいし、お薦めです!!(^ワ^)!
| 2005NYブロードウエイ&エンタメ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島