ニューヨーク コーヒー ロミロミ

股関節痛 フラダンス

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
加山雄三!in NY キタノ・ホテル(武さんも泊まりましたぁ) カーネギー大ホール芸能生活45周年コンサート!記者会見 04:07
ニューヨーク マンハッタン 8/13(土)午後4時前
しかし、猛暑のNYですぅ。日本より秋が来るのが毎年はやいはずなのですが、今年はどうなることやら…。今年の夏は長そうだなぁ〜。明日以降一週間くらい雨マークがついてますですが、少しお湿りがあって涼しくなることを期待して…。

さてさて、昨日8月12日(金)午後1時〜

キタノ・ホテルにて記者会見がございました。
キタノホテル看板
キタノホテルエントランス
kitanohotei1
さて、何の?日本からおいでになられますアーティストの、方々のご活躍が少々目立ってきている昨今ですが、先日はパフィーのお二人が…。
彼女達のアニメはアメリカで既に認知されており、コンサートも満員御礼状態。とはいうものアニメファンというのは日本もアメリカも同じようで、すこぉしばかり流行のお宅系^^?が多いようですが(私は会場で見ておりませんが、見に行った友人の話)、それにしてもユミアミちゃま達のご活躍はあっぱれなのであります。
さてさて、今度はおばちゃまおじちゃま?のアイドル加山雄三さんのお話なのであります。なんと!10月6日にカーネギーの大ホールでベネフィットコンサートをするというのであります。聞き捨てならず、もちろん会見に行って参りましたぁ。
加山sann笑顔1加山さん笑顔2
穏やかな笑顔で会見され、今回のコンサートについて語られました。
「今回は45周年の記念のコンサートをアメリカ在住18年の僕がこのニューヨークのカーネギー・ホールでできることを妻も喜んでおります。」とのこと。
加山さんはアメリカに住んでおられたのですね。。。(存じ上げませんでした。)
「今回は高齢者社会になっていることなどの対策を考えベネフィット・コンサートにさせて頂きました。」

記者団日本の国旗
記者の方々から次々に質問が飛び交う中、心穏やかに丁寧にお話してくださいましたよん。
「私のアメリカン・ポップスの歴史といえば、自分がアメリカン・ポップスに憧れた部分、これを歌で歌います。アメリカ人の方にも是非来て欲しい。
いい音楽いいメロディーはいつきいてもいい、いい音楽を68歳(えっ?そんな落としに見えませんでした)の私が歌ったらこうなったでいいと思う。」
また、何か具体的に決まっている曲は?
「ペリー・コモンのエンド・アイ・ラブ・ユー♪フランク・シナトラのマイウェイ♪、アメージング・グレース、ラブ・ミー・テンダーなどなど。
私の曲では君といつまでも♪、お嫁においで♪、サライ♪等。
高齢者のサポートとしては、この曲を聴いて欲しいということかな。
フランク・シナトラが♪マイ・ウェイ♪をヒットさせたのが54歳。高齢者の力になったと思う。1961年に歌手デビューする前にこの曲と出会った。
50年前のカントリー・ウェスタンをギターと引いて歌っていた。
プレスリーのハート・ブレイク・ホテル♪が好きで、特にB面の曲で好きなのが多くて、みんながA面を日本語にしてたから、逆らった(笑)
学生時代に米軍キャンプでブルー・スウェード・シューズ♪、オール・シュック・アップ♪を歌って馬鹿受けしたのが嬉しくてやる気になった。
自分としては慶応大学の法学部、アホウ学部(爆)をやめるのはもったいないと周囲に反対されたから、まぁ船を設計して俳優を続けるかぁなんて思っていた。その二年前の1961年に若大将があって、学生という役柄で会社の中にバンドを作って映画でやったら大ヒットした。^^
本職は今でも俳優。音楽はプロフェッショナルではないと思った。
それは、Mr. Masao Kojimaに大好きな歌を職業にすると辛くなるよ。追われて歌を作るのは大変、、、情熱がなくなるから…。と言われ、
生涯歌は親友でいよう!と思った。あれから気持ちがのったときにしか作らない。レコード会社の人に言われてもね。わがままにやってきたからあのヒットする曲を書けたと思う。

エルビス・プレスリーとはラスベガスで会った、ビートルズにも1966年の来日本の時に三時間くらい会ってすき焼きの食べ方を教えたこともあった。
先日めざましTVでメンバーと私と5人で写した写真を見せ、ポールに覚えてる?って聞いたら覚えてた。。。すき焼きの食べ方を教えたからかなぁ?
ペリー・コモンさんに至ってはフロリダの彼の自宅に私の家族みんなで尋ねたり…。」

さて、記者会見も佳境に!
「演出的な部分では、カーネギーはクラッシックコンサートのホールなので、派手な照明などの演出は出来ないけれど、40名のフル・オーケストラ(ニューヨーク現地)、フランク・シナトラ時代のいい音源を用います。
80人の子供たちのコーラスもあります。こんな演出は今までないと思う。
30年〜40年前の良い時代の曲をお楽しみください。
一部は旅人よ、二部はサライを会場のみなさんと大合唱の予定です。
気持ちをひとつに、時代をひとつに、ニューヨークにいることを一緒に感じて、Happyなきもちになってくれればいいなって思います。」

気軽に応じる加山さん弾き語り加山さん
記者会見が終わってピアノの弾き語りをしてくださいました。気軽にカメラに応じて下さるあたりにながぁい芸能生活を感じました^^。
10月6日のコンサート是非是非!お時間作って見に行きましょう!^^
チケットは212-582-0484までとのことです。
info@broadway-club.comまでお問合せくださいませ。
| 2005NYブロードウエイ&エンタメ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島