ニューヨーク コーヒー ロミロミ

股関節痛 フラダンス

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
『ライオン・キング』&『オール・シュック・アップ』ミュージカルナンバー!ブライアント・パークinブロードウェーその2 21:59
さてさて、続きでございますぅ。
ニューヨークは今日はどんより曇り空。曇り今日は本の編集があるのでせっかくの日曜日ですが…これよりお仕事。ショックその前に…。

『オール・シュック・アップ』1Leah Hocking『オール・シュック・アップ』
『オール・シュック・アップ』の左はヒロイン、ナタリー役のJenn Gambateseと右はサンドラ役のLeah Hocking。
ナタリーは少年のような女の子、ナタリーはお色気むんむんの役柄なのですが、たとえTシャツ1枚でもその雰囲気を感じられるのはさすが!

『オール・シュック・アップ』メンバー4名
最後は全員(チャド達は控えの面々)揃って、「ハウンド・ドッグ」
各『オール・シュック・アップ』のTシャツが可愛くて皆様お似合いでしたよん。
『オール・シュック・アップ』をご存じない方の為に簡単にご説明させていただきますね。プレスリーのナンバーで綴られた、いわゆる明るいハッピーエンドのNYらしいミュージカル。ナタリーはアメリカの田舎町のガソリンスタンド経営の父の手伝いをしている少年のような女の子。ある日そのナタリーが住んでいる町にロックンロール大好きな青年がバイクに乗ってやってくるのです。その青年の名はチャド。チャドは暗い町の人々の生活に音楽をもたらし明るい町に少しずつかわっていくのですが、行政のおばちゃんにおこられたりで大騒ぎ!そんなさなか、ナタリーはチャドに恋心を抱くのですが、全く女性扱いされず…。諦めたかに思っていると最後には…^^。というハッピーエンド物語。町の住人のいくつかの恋物語も同時進行で進み、最後は大ウエディング・パーティー!楽しい楽しいミュージカル。
でも、最近チケット売り上げが低迷し、先日発表になった「ムービング・アウト」の12月11日クローズの話を聞くとドキッとするのであります。
KIYOねえとしてはお薦めのミュージカルなんだけれど…。

さて、続いては『ライオン・キング』!
『オール・シュック・アップ』も『ライオン・キング』も先週突然のキャンセルになったイベントのおかげで今週見れることになり、かなり嬉しいのでありました。
ナラシンバ
ナラ(Kissy Simmons)は、♪シャドーランド♪を切々と歌い上げました。
王が亡くなり、弟スカーが王になりプライドランドは変わってしまったのです。そこで、このナラが♪シャドーランド♪に祈りを込めて歌うのであります。
「プライドランドが荒れ果て、木々は干上がり、地面はひび割れ、かつて故郷だったこの町を今出て行く、旅路がどこへ私を導こうと、祈りが私の道しるべ、ここで家族とはもう暮らせない、いつまでも忘れない私のプライドランド、ここだけが私のプライド・ランド…」失恋(かなり略してます)
そして、シンバ(Josh Tower)は♪Endless Night♪シンバが亡き父を思って歌うのです。
「どうしたら家路につけるだろう?お父さん…僕があなたを必要とするとき、必ずいてくれると約束してくれた。名前を読んでも貴方は何処にもいない、なんとかひとりで頑張っている。貴方の声を聞けるのを待ちながら。立った一言でいい…悪夢をおわらせられるのに…」と…。

ナラとシンバラブラブ・ナラとシンバ
さぁ!そして再会のシーン!♪Can You Feel the Love Tonight♪
「今宵生きているもの全て、世界は一つになる、もし今宵彼が愛を感じたら私と同じ。僕の放浪の旅も終わりだ…貴方と二人ならば」ラブラブラブ
このお二人、普段はパペットをお顔の上のほうにのせ、衣装を着て、メイクをして…素顔が良くわかりにくいイメージですが、今日は素顔!
身体は鍛え上げ、さすがにブロードウェーの役者さんという感じ。
無駄な肉なし…筋肉が綺麗につき、バランスが取れていてお二人とも素敵でした。が、特にうっとりはナラでしたね。

づづいて『レノン』の登場ですが、続きはまたあとで^^。
| 2005NYブロードウエイ&エンタメ情報 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by
Comment








KIYOねえ様、こんにちは(*^▽^*)
早速のご報告ですね。ライオンキングがとても気になっていたミュージカルですが、素顔で見られたなんてとても貴重ですね。また違った感じなんでしょうね。日本でも以前、劇団四季の方々が「ライオンキング」のミュージカルをしていましたよね。是非本場ものを観たいという気持ちが高まってきましたよ。前から二番目で拝見されたのですね。鳥肌ものですよね。画像見ただけで鳥肌ものでしたから!!続きの「レノン」楽しみにしてます。

posted by nono | 2005/08/22 2:49 PM |
nono様
いらっしゃいませぇ〜。^^。
こういったパフォーマンスを街中の公園でふらっと無料で見られるというのがニューヨーク!有難いですね。^^。しかも舞台とは違った迫力なので…。
『レノン』は後ほどアップさせていただきますね。また、お待ちしておりますぅ。
posted by KIYOねえ | 2005/08/23 3:05 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島