ニューヨーク コーヒー ロミロミ

股関節痛 フラダンス

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
カジノでの楽しみ方!遊ぼうカジノ!アトランティックシティーの第三弾 14:47
ニューヨーク マンハッタン 2/3(金)

またまた午前様…(^^;)。
なんかホントに暖かいニューヨーク!で、ワシントンDCなんぞは二ヶ月も早い桜の開花となっているようで、暖かさを照明しているわけでありますぅ。
でも、どうやら週末は雪になるという予報がでているそうな…。。。
信じられない…。。。今年の感じでは…。

さてさて、アトランティックシティーの第三弾!
〆は勿論!カジノ
もちろん大人のみ。お子ちゃまは入れませんですぅ。

こちらのカジノは実はラスベガスよりも収益率がいいのだそうです。
と申しますのも、マンハッタンからバスで簡単に来れる為、日帰りの観光客で賑わったりするわけです。人によっては夫婦喧嘩して真夜中に放り出されて、ポートオーソリティーから深夜にバスに乗り明け方に到着し(バスで二時間半弱)遊んで夕方帰るなんて人も居たりして(^^;)。
午前1:30のバスが案外混んでしまう時もあるのだとか…。
この日は火曜日の朝だった為、すいてました。

BallysHotelBallysHotelウェスタンカジノ内
というわけで、スロットに挑戦!
もう一緒におともさせて頂いたK夫人はお休みのたびにいらしているとのことで、なれたものでありますぅ。というわけで、私たちはご指導を受けて、いかに効率よく遊べるか!ということで教えて頂きながら、楽しい時間を過ごせたわけであります。

で、遊び方は、初心者の場合は1セント〜5セントの台を中心に…
慣れることから!

私も実は殆どやったことのない…スロット。
ラスベガスでもカジノには行かずにショーを観たり、お買い物に遊園地三昧の私でしたので…(^^;)。
スロット500ポイント
始まって1000ポイント減ったところでこの騒動!
といわけで、このまま減って一気に終わってしまうのでは?
と思っていたのですが…。

ジャーン!ジャンジャン!!?
2000ポイントから始め(20ドル分)1000ポイントに減ったところでこの騒ぎ!
が、せっかく増えたものもまたまた減り続け、、なんか(^^ゞな状態!
ここで女将様(ブログ「しあわせ本舗」)のおっしゃる通りにありがとうございますを繰り返すことによってもたらされる摩訶不思議な世界!
実はこのあと$9.29(1000ポイント近く)またまた当たり^^、、、拍手ラブ

1セントのマシーンでは最高に出て一回に2600ドル強がこの日の大当たり!
もちろん掛け金が上がればどんどん大当たりの金額も増えるわけでありますが、何事にもハイリスクハイリターンは世の常でございまして、大きなことを考えれば、損失も増えるわけで、楽しく遊ぶということで考えますと2セントのマシーン辺りが楽しいかもしれませんね。楽しい
ご自分の中で何ドルまで今日は使ってもOKということを肝に銘じたほうが、ずるずるもう少しもう少しと気がつけば大損なんてことがなくていいかも?

私は、一番増えたところで止めずにどうせバッグされた$20だしぃ〜ということで遊んでしまい、気がつけばまたまたどんどん減ってしまって…
最終的には$20で遊んだって感じでした。

実はいつもこちらにいらしているK夫人の毎回のポイントがたまっているからと言うことでお昼も夜もそのポイントでご馳走していただき、結局使ったお金は$30とお土産代。良い感じで遊ばせて頂きました…。グッド

日本からのお客様はもっと上手に遊ばれて、半日増えたり減ったりと2セントのマシーンで遊ばれて、最後は2000ポイント(1セントの機械よりもポイントの数え方が倍になるので$20ではなくて$40になります)のボーダーラインでやめて、Totalで$40増えたと笑顔で帰られました。
最後は私もK夫人のお隣で一緒に大騒ぎ!ご近所でがんばっておられたアメリカ人の方が入っても大騒ぎ!楽しい時間でありました。

時には見ず知らずの方のお隣でその方が当たった時に一緒に大喜びしたりしていると、気前の良い方はおすそ分けをくださったりするのだそうです。ときめき
基本的に掛け金の300倍、つまり$1が$300ドルになった時点からTaxがかかります。頭の良い人は299ドルになるところで換金し、またその台で遊ばれるとか…^^。楽しい

BallysにウーピーがCaesarsHotelにはバーナデットピータース
Ballys Hotelにはウーピーが!CaesarsHotelにはバーナデッドピータースもやってきたりと、ショーもありなのですよん。

CaesarsHotelの玄関
さてさて、こちらも豪華ホテル!Caesars Hotel

CaesarsHotelロビー前CaesarsHotel像
ラスベガスと似たイメージを基調に頑張っておりますが、やはりラスベガスには勝てません…。お買い物をする場所が圧倒的にラスベガスのほうが多く、楽しいのは事実。でも、全体から言うと日帰りで遊べてこの環境ならグッドだと思いますですぅ。

Caesars
Ballysのお隣のホテルCaesars。

アトランティックシティーTrump歩く歩道を抜けると
そしてトランプと言えば!お金持ち。。。
やはり、ホテルはありましたねぇ〜。。。

ワンタンメン帰りのバス
モーッ!楽しくて充実していて…それなのに疲れました。
というわけで、最後に$9弱のラーメンをご馳走していただきました。

アトランティックシティーのほうがカジノ好きの方に聞きますとサービスは良いかも?とのこと。ポイントで宿泊出来たり(メンバー登録が必要)、時にはご招待の案内が届いたり…、ラスベガスも考え方としては一緒ですが、とにかくカジノで遊んでお金を使っていただくのが目的の為のホテルや施設なので、施設に使うお金はお安めですね。
他のホテルにはもちろん小遊園地もあります。基本的には小さなラスベガスということですぅ。

というわけでお腹もいっぱい充実感いっぱい、またまた バスに乗り込みマンハッタンへと戻ったのでありました。
| 2006NJやNYの郊外 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島