ニューヨーク コーヒー ロミロミ

股関節痛 フラダンス

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
金曜日4pmから無料のMOMAのターゲット・フリー・フライデーナイトはかなぁりお得^^! 23:58
ニューヨーク マンハッタン 2/9(木)晴れ晴れ!の朝晴れ

こういう日は本当にお散歩日和&青空写真館日和^^。
ついつい外のお仕事作ってしまいます(^^;)。

MOMA正面
さて、先週の金曜日はお仕事早めに切り上げて(^^ゞ、MOMAのターゲット・フリー・フライデーナイトに行って参りましたぁ。。

ターゲットってなんだそりゃ???
この毎週金曜日の4pm〜閉館時間の8pmまでの間はターゲット(アメリカのスーパーマーケットで◎のマークで有名^^)がスポンサーになり、老若男女入館料が無料になるという嬉しいシステムなのであります。

通常の入館料は
(ギャラリーへの入場とフィルムプログラム、MOMAオーディオプログラム、並びにP.S.1コンテンポラリー・アート・センターの入館料が含まれます)
一般$20、シニア(65歳以上、要身分証)$16、学生(要学生証)$12、子供(16才以下)無料。ただし、子供の団体には適用なし。
もちろん!メンバー無料。

MOMA中
お荷物は28センチ以上×35.5センチ以上のポーチは必ずクロークへお預けいただくことになっているようです。また、傘などの美術品を誤って傷つける可能性のあるものも預けます。

車椅子のご利用可。写真撮影可(ただし、フラッシュ撮影や三脚の使用は禁止)ビデオ撮影はロビーに限り可。撮影した写真やビデオ画像を美術館の許可なくして複製、配布、販売する行為は禁止。

他にこんなサービスもあります。

MOMAオーディオ(音声ガイド)日本語あり。
ギャラリートーク レクチャー が毎日11:30pmと1:30pmに行われます。手話によるギャラリートークは毎月第四日曜日の1:30に行われています。
大人向け教養プログラム 意見交換やオープンな語らいなどの皆様が近・現代美術に触れられるプログラム。
ファミリー・プログラム お子様とその同伴者向けに、無料のガイドツアーやトーク、ワークショップ、フィルム上映などの提供をしている。
グループサービス MOMAの講師や教育専門家にツアーやガイド付きディスカッションを有料で、しかも6ヶ国語で行ってくれます。

他には車椅子のご利用も可、心身に障害のある方や特別なケアが必要な方々への室グラムも用意されていると言うことで、心が穏やかに過ごせる空間になっているようです。

MOMAヘリが
ショッピング
MOMAブックストア(館内二階)、オンラインストア(www.momastore)、MOMAデザインストア(53ストリートとソーホー)など。

メンバーシップ
P.S.1への入場無料、MOMAストアやMOMAカタログでの割引等他にも割引あり。
メンバーだけのエキシビジョンプレビューやプログラムへの招待状、いろいろなスポットへの無料での入場など、お得感がかなりあり。

他には各フロアごとにカフェやレストランがございますぅ。
cafe2 カジュアルな雰囲気の中ローマ風のお料理
Terrace5 デザートやチョコレート、軽食、カクテル等
Gerato Bar イル・ラボラトリオ・デル・ジェラートのアイスクリームやシャーベットが。
The Modern シェフのガブリエル・クリュテール氏が腕を振るう本格的なレストラン。

などなど簡単に書かせていただきましたが、このような記載のある日本語のご案内もロビーで無料にてお受け取りになれます。

さぁてと!前置きが長くなりましたが、以上の情報をふまえて、ご自分が何を利用して楽しめるか研究してからMOMAに行くとかなぁりおなかいっぱいたのしめますぞ!

というわけで、当日の模様を!
午後4時はとっくに過ぎてしまいましたですが、このような長蛇の列!
でも列の割には手際よく入場の手続きが行われる為、案外早く入れましたですぅ。
MOMA長蛇の列
手荷物を預けるのにまた列が出来ておりまして、なるべく手荷物のないように入られたほうがお時間のロスが少ないですね^^。

えっ?おいおい前置き長すぎで本文ないじゃん!って?
そうなんですよ、館内の美術品の写真を写すには写したのです(写すのはOK)が、ブログ用に許可をというあたりが微妙なので掲載はやめました(^^;)。

それにしても4pmからでも十分堪能できますので、是非是非!ニューヨークへチープな旅行を求めておいでな方はご利用くださいませぇ〜。
| 2006NYの最新情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://newyork2.kiyonee.com/trackback/347854
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島