ニューヨーク コーヒー ロミロミ

ヤングリヴィング

ロミロミサロン

コナコーヒー

NYYet Another kiyonee.
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
日清カップヌードルがタイムズ・スクエアから撤退。 13:00
ニューヨーク マンハッタン 5/5(金)午後11時なろうかと…

今日は『シャイニング・シティー』というオン・ブロードウェイのプレイを観劇してまいりましたですぅ。
イアンというカウンセラー(セラピスト)のオフィス(ホーム・オフィス)にいろいろな人が尋ねてきて相談を始めます。一人目は男性、どうも自分に女の人の霊がついていて…と、その男性が現れてからイアンは彼女と不仲になり、なんか街で変な男(ちときちゃない…)を拾ってしまって、お部屋に入れてワインを飲んで…なんてそうこうしているうちに怪しい関係に…抱き合ってしまうのでありますぅ。で、変なことばかり起きるのでもう嫌になってお引越しをすることにし、その準備に追われている中、またあの男がやってきたのです…「あれ以来女の亡霊もみなくなったしご機嫌だよ!ありがとう」とお礼を言いに来たのでありました。帰った後にドアがしまると真っ赤なドレスを来た女性が!(場内悲鳴をあげる人あり…。)そうなんですぅ。そのセラピストの家に相談に来た男にとりついていた女の人の霊がそこに…。チャンチャン。
(これが案外ゾッとするお姿なのでありました。。。)
というちょいとおまぬけな話。でも、ちゃんとオチがあって会場は割れんばかりの拍手となり(ニューヨーカーはこういうのお好きなのよね)カーテンコールへ…。^^これって日本人がやるとうらめしやぁ〜になるのかなぁ?

さてさて、お次はタイムズ・スクエアの話題ですぅ。
1スペース月20〜35万ドルと言われているタイムズ・スクエアのあのポジション…えっ?なんのこと?って?
5.5-1-1
年末にカウントダウンが行われるあのビルのあの広告、ご覧になったことありませんかぁ?そう!それは日清のカップヌードルの湯気付きでいつも存在感のあったあの広告。
で、あの日清のカップヌードルが長年出してきた広告が撤退する…と聞いてはいたのですが、どうやら本気でした。
とうとう看板も取り外され、現在次の広告が入るため現在準備中。
あーっなんか残念ですぅ。

タイムズ・スクエアの様子が変る…。
もちろん日系の企業の広告はまだちらほらあるのですが、やっぱりこの日清のカップヌードルって存在感ありましたよね。
だって、カウントダウンの時に思いっきり世界の映像に映りますので…。
あの湯気ともおさらばでありまするぅ。
バドワイザーがめちゃ元気に見えますぅ。
ただ、アメリカで市販されているカップヌードルは日本で市販されているものより味が落ちると思うのは私だけ???

とにかくなんか寂しくなったタイムズスクエアの最近ですぅ。
昨日はタイムズ・スクエアのM'TVにトム・クルーズが来て大騒ぎになっていたとのこと…。まぁどんな時もタイムズ・スクエアは話題が事欠かないって感じでしょうか?
今日はまたまたあの男性の女性版を発見!えっ?その男性って?
あーっ今日は朝から『ライオン・キング』のバックステージ・ツアーに行って、夕方はTVの撮影のお手伝いして、お仕事して夜は観劇して…、と歩き回ったのでちと疲れました…。明日またお伝えいたしまぁす!ってじらさなくてもいいじゃん!?って?ウフッちょいとお待ちくださいな…朝起きたらログにあげさせていただきますぅ。ふわぁ〜(-.-)zzZ。。。。



| 2006NYの最新情報 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by
Comment








 こんにちは!
 知らなかった〜!私も、タイムズスクエアといえばカップヌードルという印象だっただけに、ちょっぴり寂しいです。カップヌードルは、世界各国の味付けに工夫されているそうなのですが、日本の味がやっぱり好きです。アメリカでも通用しそうなのに、味覚は違うんでしょうか。。。アメリカでも、普通に売れてるんでしょうか?(次の広告は何なのでしょう??)
posted by | 2006/05/06 12:36 PM |
名無し姫様
そうなんですよぉん。なんか寂しいですねぇ〜。食文化はやはり日本が一番!って日本人だからかなぁ?そう思うのは。でも、マンハッタンでも和食は数年前から大流行ですぅ。未だにおすし屋さんが増え続けております。
カップヌードルは日本とは違うんですよん。
ではでは。。。
posted by KIYOねえ | 2006/05/09 9:02 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://be-newyork.jugem.jp/trackback/347931
<< NEW | TOP | OLD>>
  1. ヤングリヴィング
  2. ロミロミ ハワイ島